催眠療法 ヒプノセラピー 認定講座 スクール 福岡市 【IHF,ITTO,ブリーフセラピー,短時間療法,前世療法,ヒプノセラピスト,カウンセリング,NLP】


認定講座・スクールを選ぶ要点として、内容を良く読んで、しっかりと自分に合ったスクールを選びましょう。

IMG_2.JPGIMG_0133.JPG

まず、講座内容をしっかり理解し、その後は、出来る限りイブニングセミナー(事前説明会)やワーク
ショップに参加し、講師がどういうミッションで講師を行っているか何を伝えたいのかをしっかり「見て聞い
て感じて」ください。

そうでないと、あなたの時間とお金(エネルギー)が無駄になります。

そしてあなたが「なぜヒプノセラピストに成りたいのか」自分自身に真剣に問いかけてください。

そうしないとあなた自身が苦しみます。


はっきり言って ”セラピスト” とは自分自身が悩み、色んな人の力を借りてその悩んでいる場所から出て
これた人がほとんどでしょう。
その想いから、一人でも多くの人と関わって、その人が自分と同じように本来の姿を見出される事を信じ
寄り添って居られる人達なのです。 (もちろん依存とは違います)

誰が好きで「人のネガティブな感情の中」に居たいと思いますか?
なので「人を救いたい」とか「セラピストのおかげ」とか「今より楽になれる」とか…
は、ありません。
私が約束できる事は…

「クライアントさんと同じ感情の場所に居られる」



という事だけです。
セラピストとは「ふつうの人間」で、「ちょっと変わった人達」なのかも知れません。
なので上記以外の事を望んでいらっしゃるのあれば、私のスクールは合わない事になります。

さて本題に入りましょう。
たとえば、スクール選ぶ条件として次の項目を参考にしてみてください。

講座内容を良く調べましょう。

まず、あなたが何を取得したいのか?
それはカウンセリングの技法から恐怖症を改善する介入方法まで幅広く介在しています。
あなたが学びたいものが網羅出来ているかしっかり調べましょう。
ヒプノセラピーの基本講座(ベーシック)は、多くの団体がありますが内容はほとんど同じだと思います
(私がABH,IHFを学んだ限りでは)。
なので、その基本講座を受けることで、その後どんなメリット(長所)があるか?なども良く考えてください。
例えば、ステップUP出来る講座が組まれているか…など。

資 格 認 定

ヒプノセラピストは国家資格ではありません。
あくまで民間の認定資格です。
あの臨床心理士さえも民間認定なのです。
ですのであなたが本などを読んで ”ヒプノセラピー” を理解したと思えばヒプノセラピストに成れるのです。
それで、クライアントさんがいらっしゃるかは分かりません。
あなたがクライアントさんの立場だったら何を基準に ”ヒプノセラピスト” だと認識するかでしょう。
自分が受けられるヒプノセラピストの資格はどのような団体から認定されるのかを確認しておきましょう。
そして、その認定が今後、どれくらい貴方に恩恵をもたらすかも。


講師はどんな人(これは、かなり大きな判断基準の一つでしょう)

講師の想いは受講される方のミッションやアイデンティティに大きな影響を及ぼします。
ですので、講師のセラピーに対する熱意をその目で良く見てください。
その耳でセラピーに対する想いがあなたの心にどれほど響くものかよく聞いてください。
そして何よりもあなたがセラピストになった時の心地よさがしっくりくるものか、ゆっくりと感じてください。


・催眠の知識を知っているか?
催眠の事を知っていることは当たり前でしょう、それ以外のセラピーに関する知識があり論理的に説明が
できる事が望まれます。そして何よりも、その長所と短所を良く知ったうえで教えているかなど。

・実践的なテクニックが学べるか?
多くの症例によるテクニックの使い分けが出来るか、そのテクニックよりもっと大切なものがセラピーに影響を
及ぼす事を適切に伝えられるか。

・講師がヒプノセラピーを教えるためのトレーニングをしっかりと受けているか?
講師としてどんなスキル(資源:リソース)と経験を持っているか?が一つの基準となるかも知れません。

例えば…
事前面談でのカウンセリング能力であれば…。
ロジャースの来談者中心療法、バージニア・サティアのリフレーミング、エリクソンのメタモデルなど。

ヒプノセラピーであれば、どういう方法を知っているか?…。
前世療法、未来世療法、胎児期退行、退行催眠(インナーチャイルド)…。

ブリーフセラピーであれば…。
NLPの介入テクニック(多すぎて書けません:ワークショップを参照してくださいね)
EFTのテクニック(感情解放のテクニック)。

料金の明瞭さ (これも、かなり大きな判断基準の一つでしょう)

・受講料は納得のいくものか?
取得出来る内容に対して料金が適切かどうか(基準:認定コースやロングコースであれば1日[7時間]の
料金は2万~3.5万、1日[7時間]のみのショートセミナーでは1万~2万が相場だと思います)

・再受講、欠席の場合のアフターフォローは万全か。
受講生さんのアフターフォローが整っているか?十分に把握しておきましょう。
再受講料や欠席した場合の振り替え日(定期的にスクールが開催出来ている事が前提)の充実。

受講終了後のアフターフォロー

・開業まで親身になって相談にのってもらえるか?
開業におけるノウハウを親身になって考えてくれるか、例えばHPなどの作成支援など。

・開業後も勉強会、催眠に関する質問、セラピー相談に応じてもらえるか?
開業後はスキルUPによる勉強会やメンタルケア(シェアリング)などを定期的に行う事が必要です。


上記の項目を色んなスクールと比較して見てください。


開催場所、講師のミッション、スキル、受講費用、講座内容、アフターフォロー…etc。
どれが一番の決め手になるかは解りませんが、後悔の無い時間を過ごしてください。
あなたの人生です。
時間をかけてゆっくりと考えましょう。
直感を信じる事も大事ですが、ちょっと立ち止まって論理的(合理的)に考える事も大切です。
全てはバランスです。

最後に…。
多くの人達に出会われて多くの気づきを与えてくださっていらっしゃる皆様へ。
そしてこれから、そういう立場に身を置かれようと思われて皆様へ。

「その立場がどれほど大変なものか想像を絶します。
それでも、クライアントさんと一緒にいらっしゃる
あなたに感謝致します。ありがとうございます」

そして全てのセラピーに感謝と尊敬の意を込めて。

「多くのセラピーに出会えた事に感謝します。
ここまで導いて頂いた皆様、ありがとうございます」


それでは、あなたが とっても素敵なセラピストに成られることを楽しみにしています。

ページの先頭へ